生協の歴史

2000年代

2000年

2000年3月 コープ高陽オープン。
2000年4月 呉生協と合併。
コープ矢野東オープン。
2000年6月 ホームページぱれっとWEB開設。
2000年9月 地域受取班スタート。
2000年10月 森城支所開設。
食品の安全キャンペーンスタート。
2000年11月 食品の安全を求める請願署名が40万筆突破食品の安全を求める請願署名が目標の40万筆突破。

2001年

2001年2月 書籍・CDのインターネットショッピング開始。
豊かな食と農と地域・ひろしまをつくる共同宣言地産地消「豊かな食と農と地域・ひろしまをつくる共同宣言」をJAと発表。
芸予地震。
コープミニ三美園閉店。
2001年4月 芸予地震による建物損壊のためコープミニ畑閉店。
2001年5月 生協ひろしま創立30周年。
2001年6月 南支所、千代田支所閉鎖。
班の約束ごとの確認。
個人別配送にサポート制度導入。
2001年7月 (株)ウィード設立。
2001年9月 チラシ回収・リサイクルスタート。
BSEの疑いのある牛が国内で初めて見つかる。
食品衛生法の抜本的改正を求める国会請願が審議未了に。
2001年12月 声の商品だよりスタート。

2002年

2002年3月 ISO14001認証取得。
コープミニ3東閉店。
全国・中四国共同開発商品スタート。
2002年6月 個人別配送手数料値下げ。
2002年8月 広島商品センターライン増設。第1次物流改革。
2002年9月 発泡スチロール箱の内袋回収開始。
2002年12月 店舗で生ゴミ堆肥化のリサイクル開始。

2003年

2003年2月 コープサービス(株)と(有)エフアンドエスが合併。
2003年3月 マイバスケット販売開始。
2003年4月 共同購入カタログ「ふぁみーゆ」「ボイス」登場。
2003年5月 食品安全基本法・・食品衛生法改正案が可決、成立。

2004年

2004年5月 事務処理センター稼動。
2004年10月 コープ船越オープン。

2005年

2005年1月 共同購入商品のインターネット受注(ぱれっとショッピング)開始。(2011年5月にeふれんずに移管)
2005年4月 共同購入商品宅配代行事業「まごころ便」開始
2005年8月 「農産センター」新設。稼動。
2005年8月 安佐南支所新設。祇園・緑井支所閉鎖
2005年9月 中国四国地方9生協で組織する「生活協同組合連合会コープ中国四国事業連合(略称:コープCSネット)」発足

2006年

2006年4月 中国地区5生協統一カタログ(コパル)スタート
2006年9月 月曜配送開始
2006年11月 インターネット注文サイト「コパルネット」リニューアル
2006年12月 コープハウジングひろしま(株)リフォームスタジオ「YUTOROGI」オープン

2007年

2007年2月 個人別配送・地域受取班の手数料を改定
2007年2月 「問い合わせセンター」稼動
2007年3月 「コープ福祉センター観音」オープン
2007年4月 改正生協法施行
2007年5月 問い合わせセンターの全支所対応スタート
2007年7月 ちびっこひろばがコープ五日市北でスタート
2007年9月 葬祭サービス「ひとえ」が事業開始
2007年11月 特例子会社(株)ハートコープ設立

2008年

2008年1月 CO・OP手作りぎょうざ毒物混入事件発生
2008年4月 コープデイサービス山手<はいから坂>オープン
2008年8月 広島東洋カープと共同で、第一回折りづるナイター開催(翌年よりピースナイターとして継続)
2008年9月 安佐南区自主防災会連合会と「災害時の連携・支援協定」を締結
2008年10月 広島県農業支援制度を創設
日生協コープ共済連設立。翌年共済事業の元受を譲渡

2009年

2009年3月 第1回たべるたいせつフェスティバル開催
コープハモンズが第1回ふくやま環境賞受賞
2009年5月 BDF燃料使用配送トラックを庚午支所に導入
2009年8月 夕食宅配「おもいやりコープ弁当便」スタート
2009年9月 コープ東広島オープン
2009年10月 レジ袋無料配布を中止
コープ東広島に太陽光発電導入
広島市とエコパートナー協定
2009年12月 コープデイサービス上畑<自悠館>オープン
ページトップへ