生協の歴史

1980年代

1984年

1984年4月 第1次中期計画(3カ年計画)がスタート。
1984年10月 生協ひろしま誕生生協ひろしま誕生。
「広島県民生協」と「広島中央市民生協」が合併して、「生活協同組合ひろしま」が発足。県内最大の生協として、第一歩を踏み出しました。

1986年

1986年5月 呉生協と事業連帯はじまる。
1986年8月 広島商品センター稼動広島商品センター稼動。
1986年10月 福山生協との事業連帯はじまる。

1987年

1987年 共同購入カタログ『コパル』登場共同購入カタログ『コパル』登場。
生協ひろしまの前身である婦人生協が、県民生協へと名称変更した1975年頃から共同購入事業の体制を固めつつありました。生協ひろしまが誕生してからは次々と支所が開設され、1986年に商品配送の拠点として商品センターが稼働してからは共同購入の輪がどんどん広がっていきました。また1987年にはカラーの共同購入カタログ「コパル」が登場、組合員により利用していただきやすくなりました。
1987年4月 第2次中期計画(3カ年計画)スタート。
1987年12月 コープミニ緑井オープン。

1988年

1988年10月 福山生協と合併福山生協と合併。
1988年12月 コープミニ五日市中央オープン。

1989年

1989年 消費税導入。
消費者の強い反対にもかかわらず3%の「消費税」が導入されました。生協では低所得者のほうが高い税率になる「逆進性」を問題とし、さまざまな学習会をおこないました。消費税はその後、1997年から5%に引き上げられました。
1989年7月 コープミニ府中本町オープン(1999年閉鎖)
1989年10月 「コープフェイス商品」スタート生協ひろしまオリジナルブランド 「コープフェイス商品」スタート。
地場のメーカーを中心として商品開発に取り組み、生協ひろしまオリジナルの「コープフェイス商品」として供給を始めました。1989年当初40品目でスタートした「コープフェイス商品」も現在250品目に増え、組合員の声をいかして成長しつづけています。
商品検査室を広島商品センターに開設。
1989年12月 福山商品センター稼動。
ページトップへ