「もずく基金 沖縄県産地見学・生産者交流会」親子参加者募集 申込番号14|新着情報

「もずく基金 沖縄県産地見学・生産者交流会」親子参加者募集 申込番号142017/05/01

組合員のみなさんが利用された沖縄産もずくが、環境保全に役立っていることや、サンゴが海の生態系に大きな役割を果たしていることを学びます。コープCSネットと会員6生協で取り組む「もずく基金」の理解を広げ、親子で参加することで次世代へこの取り組みをつなぎます。あわせて、沖縄の文化や歴史にも触れていただくことを目的としています。

ぜひ、親子でご参加ください。

 

【日程】8月22日(火)~24日(木)2泊3日

【内容】沖縄県恩納村及び那覇市周辺で、もずくとサンゴの学習や見学、サンゴ移植体験、生産者との交流、沖縄美ら海水族館、コープおきなわ店舗、国際通り見学など行います。

【参加費】
大人4万円、子ども1万5千円

【参加対象】
組合員親子
(大人1名と子ども1名、子どもは小学5年生~中学3年生)
*7月下旬に、事前説明会に参加していただきます

【募集】
組合員親子3組

【締切】
5月26日(金)
*応募者多数の場合は抽選、結果について6月9日(金)までに連絡いたします。

【】お申込み・お問い合わせ】
申込番号14、組合員コード、お名前、住所、電話番号、参加者氏名、子どもの学年をお伝えください。

 mousikomi.png

 

*もずく基金とは
コープCSネットでは、CO・OP沖縄産もずくを利用することで商品代金の一部をサンゴ礁再生活動基金に積み立て、サンゴ養殖に活かしています。2016年度は、1,998,311円を積み立てることができました。2010年から6年間で4,100本もサンゴが海に移植されました。