CO・OP 北海道産大豆の小粒納豆

大好評!組合員さんの声

口コミコメント

豆とネバネバが苦手な娘のお気に入りです。ちょうどいい豆の粒の大きさ硬さです。

口コミコメント

豆の味がしっかり感じられ、柔らかめなので私も一歳の娘も好きです。

口コミコメント

今までの納豆と比べて、とても柔らかく、たれも甘過ぎる事もなく、辛子もピリッとして大人が食べるにはいい。

口コミコメント

小粒なのが気に入ってます。食べやすいです。

ぜったいうまい理由(わけ)その1

ぜったいうまい理由その1

北海道産の大豆に限定

「CO・OP北海道産大豆の小粒納豆」は、2012年9月に発売されたコープCSネット独自開発商品です。大豆は、北海道苫前町産の小粒大豆「ユキシズカ」に限定。「ユキシズカ」は甘みやうまみが強い納豆向きの大豆です。

ぜったいうまい理由その1

また、生産者が明確で栽培履歴も記録され、トレースも可能。夏でも15℃以下に保たれた倉庫で保管され、品質管理も万全。最新鋭の選別機で異物などを取り除き、製造メーカーの蒜山食品加工(岡山県津山市)へ送られます。

ぜったいうまい理由(わけ)その2

ぜったいうまい理由その2

細かい調整で味を守る

納豆の製法は、蒸した大豆を納豆菌で発酵させるというシンプルなもの。それだけに加熱時間や発酵時の温度などのわずかな差で大きく味が変わってしまいます。

納豆の製造工程は主に「浸漬」「納豆菌の噴霧」「発酵」があります。

浸漬の水温と時間、納豆菌の噴霧量、発酵の温度と時間など、季節や気温が異なっても同じ品質の納豆を作るために、細かい調整が必要です。

ぜったいうまい理由(わけ)その3

ぜったいうまい理由その3

地域に合った納豆づくり

関東地方では納豆をご飯にかけて食べる人が多く、中国地方ではそのまま食べる人が多い、って知っていますか?

だからこの納豆はそのまま食べておいしい食感と薄味に仕上げています。地域の食べ方に合った納豆づくりが蒜山食品加工の強み。「大手よりうまい、と言っていただけるよう気合いを入れている」と蒜山食品加工の小林社長(写真右)は語ります。

ぜったいじまんレシピ
組合員さん考案のオリジナルレシピをご紹介!

油揚げの納豆巻き

油揚げの納豆巻き

材料(4人分)

  • 油揚げ…2枚
  • 大葉…適宜
  • しょうゆ・からし…適宜
  • A
    • CO・OP 北海道産大豆の小粒納豆…2パック
    • 白ネギ(みじん切り)…1/2本
    • キムチ(荒く刻む)…30g
    • しょうゆ…小さじ2
    • しょうが(すりおろし)…少々

作り方

  1. 油揚げの長いほうの一辺を切り落として袋状に開き、混ぜ合わせたAを平らに詰めて楊枝で留め、中火で熱したフライパンで両面をこんがり焼く。
  2. 楊枝を外して一口大に切り、大葉を敷いた器に盛り、からしじょうゆを添える。

スタミナうどん

スタミナうどん

材料(4人分)

  • うなぎ蒲焼…1尾
  • うどん…4食
  • オクラ(下ゆでする)…4本
  • A
    • 長いも(すりおろす)…200g
    • CO・OP 北海道産大豆の小粒納豆(添付のたれと合わせる)…2パック
    • 温泉卵…4個

作り方

  1. うなぎはパッケージ通りに加熱し、約5mm~1cmに切る。
  2. うどんはパッケージ通りにゆでて水気を切り、器に盛る。
  3. 2に1、A、2等分にしたオクラを彩りよくのせ、お好みでしょうゆをかけていただく。

ページの先頭へ戻る