食品添加物基準

食品添加物基準

科学的根拠に基づく(イメージでなくデータを基に判断)/国のリスク評価を基本とする(さらに独自のリスク評価を行い、食品の安全衛生行政の不備を埋める)/	発ガン性物質は使用しない(安全性の担保が不十分な物質は意図して使わない)/総量規制ではなく個別の評価をする(個々の物質について安全性を評価していく)

食品添加物の分類

不使用添加物 コープ商品には意図的に使用しない食品添加物
具体的に以下の条件のいずれかに当てはまる品目
  1. 遺伝毒性発がん物質と考えられる品目
  2. 指定添加物において、一日摂取許容量(ADI)等が信頼できる機関等で設定されておらず、且つ十分な科学的なデータが入手できなかった品目
  3. 既存添加物においては、ヒトの食経験に関する情報も含めて、安全性を判断する科学的なデータが入手できず、成分規格等についても懸念される、情報が存在した品目

※「コープ商品に意図的に使用しない」とは、商品使用書や原材料規格書などで把握できる範囲において使用しないことをいいます。

使用制限添加物 制限する内容を確認してコープ商品に使用する添加物
不使用添加物の1~3の条件に該当しないが、懸念される問題点が指摘されており、使用制限が現実的に可能で、それによりリスクの低減がはかられる品目

※「懸念される問題点」とは不純物や代謝物に問題がある、純度など成分規格に不十分な点がある、国が評価していない新しいリスク要因が懸念されるなどの問題をいいます。

※「制限する内容を確認して使用する」とは品目ごとの評価に応じて「使用できる食品の対象範囲」、「使用量または残留量」、または「成分規格の指定」の三つの制限のうち、一つまたは複数の対応を行うことをいいます。