安全・安心・おいしい

生協ひろしまは安全・安心・おいしい商品を
みなさまにお届けします。

生協ひろしまの商品・サービスは、「安全・安心・おいしい」が基本。
「独自の検査システム」、「生産者さんとの交流」、「組合員さんと一緒の商品作り」などに積極的に取組み、生協らしい商品をお届けしています。

「安全」・「安心」・「おいしい」の秘密

生協ひろしま商品政策

生協ひろしまは、食の安全に関わる科学技術の発展や食生活を取り巻く環境の変化に的確に対応するために、事業者・販売者としての責務を果たすとともに、組合員の皆さんへの情報提供とリスクコミュニケーションを通じて食のリスクを低減し、皆さんの「食の安全・安心」の願いに応えていきます。この基本となる「生協ひろしま商品政策」はコープCSネットの「商品政策」「商品安全・品質保証の取り組み」と集約します。今後も主要な商品政策の変更についてはコープCSネットと共同して行っていきます。

「生協ひろしま商品政策」は、第一部コープCSネット商品政策の柱、第二部コープCSネット商品の安全・品質保証の取り組みの二部構成となっております。また、食の安全に関する新たな科学的な知見や食を取り巻く環境の変化など、常に情勢の変化に応じて適確に対応していく必要があり、状況変化に柔軟に対応していくとともに総合政策を必要に応じて見直していきます。

生協ひろしま商品政策全文(PDF)

生協ひろしまで扱う商品の検査体制

私たちが口にする食品は、まず安全であることが大切です。
生協ひろしまでは、コープCSネットに検査を依頼、コープCSネット開発商品、生協ひろしまで開発したコープフェイス商品、店舗で取り扱う一般メーカー商品などの検査を、主に下記の2施設で行なっています。

コープCSネット商品検査室(広島市東区)
【主な担当検査】

新規開発PB商品・リニューアル商品の商品検査と、新しくコープCSネットカタログで取り扱う一般食品の取り扱い前の商品検査を行っています。また、コープCSネット全体の商品検査のコントロールもしています。

(社)やまぐち食の安心・安全研究センター(山口県山口市)
【主な担当検査】

一般商品(抜き取り)の微生物検査、開発商品・一般商品の理化学検査(食品の成分規格)、残留農薬検査を実施しています。

顔が見えて安心

安心の基本は「顔」が見えること。「あの人が作ってくれた物だから安心して食べることができる」。
生協ひろしまでは、そんな関係を目指します。

地産地消の取り組み

その地で採れた物をその地で消費する「地産地消」運動。
生協ひろしまでは、下記の団体と協定を結び、積極的に取り組んでいます。

  • 「安全・安心な県内産品」を育てる取り組みをすすめます。
  • 「顔の見える県内産品」の利用を増やす取り組みをすすめます。
  • お互いのくらしと思いを尊重し、理解しあうため学習と交流を深めます。
  • 豊かな環境とくらしを次世代につなげる活動に取り組みます。
  • 同じ願いを持つ各種ネットワーク、団体はもちろん個人に対しても、協同の輪を広げる取り組みをすすめます。
[協同組合間提携地産地消運営協議会]
生活協同組合ひろしま  広島県農業協同組合中央会  全国農業協同組合連合会
広島県本部 広島県果実農業協同組合連合会  広島県酪農業協同組合

産地視察・交流

いつも食べている商品の産地に足を運び、直接、生産の現場を確かめ、生産者の方々と交流をして、商品に対する理解をより深めるための「産地視察」を行なっています。視察先は、県内から泊まりがけの県外まで。
広報誌などで参加希望者を募集しています。

産地交流

イベント

田植えから稲刈りを体験する「田植え・稲刈り交流会」、牛乳の産地で牛とふれあう「牛乳産地交流会」など、生産者さんと一緒に交流を深める体験型産地学習会を企画しています。
日頃は体験できない「食べ物のでき方」を実感。子どもたちに大人気の企画です。

組合員さんと一緒に商品作り

広島の組合員さんの声を生かして開発した、生協ひろしまオリジナルのCO・OP-FACE商品。全国の組合員さんの声を反映させたCO・OP商品など、生協のオリジナル商品を多数お届けしています。

CO・OP-FACE商品

委員会で試食学習

コープ委員会の場で試食・学習して、その感想や意見を出していただく活動です。

食のスマイルサポートくらぶ

組合員さんがメーカー・生産者のサポーターの登録し、月に1度届く商品や産地情報、商品の試食、アンケートで情報交換を行いながらお互いの信頼関係を深めていく取り組みです。

商品テスター制度

「月1回」会議を開催、試食していただきながら、CO・OP-FACE商品やコープ商品を中心にじっくり評価していただきます。