快晴のもと於手保で田植え交流会

快晴のもと於手保で田植え交流会2017/06/05

170604otebo_mainss.JPG6月4日(日)、安芸高田市於手保地区で「於手保あきろまんの会」の田植え交流会が開催され、31家族126人の組合員さんが参加しました。JA広島北部さんとの田植え交流会は22年目、於手保での交流会は13年目となりましたが、「今年初めて参加した」という組合員さんも多く、小さな子は田んぼの中になかなか足を入れられず躊躇している姿も見られました。於手保地区も、他の農産地と同じく生産者の高齢化と後継者不足が大きな悩みとなっています。年間を通じて交流を行うことで、「農業に興味を、産地に関心をもってもらえるとうれしい」と農事組合法人於手保夢21の西川組合長は話しておられました。

 

 

170604otebo1ss.JPG 170604otebo2ss.JPG
一列に並んで植えていきます まごころこめて丁寧に植えます
170604otebo3ss.JPG 170604otebo4ss.JPG
植えた後、足跡だらけの田んぼ  泥だらけ!
170604otebo5ss.JPG 170604otebo6ss.JPG
虫捕りに夢中の子どもたち さつまいもの植え付けもしました