はじめてご利用の方へ

ご利用までの流れ

障がい福祉サービスを利用する方

お客様の場合のご利用の流れをご案内します。下記の質問に答えていってください。

障害区分認定を受けていますか?

  • 受けている
  • 受けていない
お客様は「予防給付」の対象者です!<br />お住まいの地域の地域包括支援センターにまず、ご相談ください。
ご利用までの簡単な流れ
ご相談

相談支援事業者へ相談、申込み

次のステップへ

利用申請

自立訓練を希望

自立した生活ができるように訓練を行う方は自立訓練を希望します。

相談事業所へ依頼

利用計画書を提出

介護給付を希望

介護を必要とする方は介護給付を希望します。

相談事業所へ依頼

利用計画書を提出

次のステップへ

心身の状況に関する 障害程度区分認定調査

障害区分の判定

医師の意見書などを参考に障害区分が判定されます。

障害区分の認定

次のステップへ

勘案事項調査

地域生活、就労、日中活動、介護者、居住などの調査が行われます。

次のステップへ

サービスの利用意向の聴取 利用者様

訓練・就労
評価項目

個別支援計画

一定期間、サービスを利用し、ご本人の利用意思やサービスが適切かどうかの確認ができたら、個別支援計画が作成され、支給決定が
行われます。

サービス等
利用計画案の提出

医師の意見書などを参考に障害区分が判定されます。

支給決定案の作成

審査会の意見徴収

次のステップへ

生協ひろしまに頼んだ場合
ご相談

相談支援専門員にお気軽にお尋ねください。
障がい区分認定申請の代行手続きや必要に応じて同行支援も行います。

次のステップへ

利用申請・サービス 利用計画の作成依頼他

利用申請

相談支援センターの利用申し込みとご契約、アセスメント

ご家庭を訪問しご本人やご家族と面接をして、ご希望などをお聴きし、利用できるサービスの説明等を行います。
ご同意いただけましたらご契約となります。

サービスプランの原案作成

サービスの種類や回数他提案する原案を作成します。

サービス提供事業者との
利用調整や予約

サービスプランの暫定的な利用と個別支援計画の作成

次のステップへ

障害者区分の認定

利用者の心身の状況等について調査を行い、審査会の審査・判定を受けて、障害程度区分の認定がされます。

左記と同じ

支給決定 利用者様

自立訓練開始

サービス等
利用計画案の作成

医師の意見書などを参考に障害区分が判定されます。

サービス利用開始

個々でのサービス利用

支給決定

障害程度区分やサービスの利用意向を踏まえて、市区町村で障害福祉サービスの内容が決定されます。

受給者証の交付

支給が決定した方には受給者証が交付されます。

次のステップへ

サービス利用開始

サービス提供事業者と契約

選んだサービス提供事業者に、受給者証を提示して利用を申し込み、契約をします。

サービスの利用

契約にもとづきサービスを利用します。サービス利用後は、「利用者負担額」などをサービス事業者にお支払いください。

次のステップへ

フォロー

月1回(ケースによっては半年毎等に)ご家庭を訪問し、サービス内容があっているか等確認し、必要に応じてプランの見直し他継続支援をしていきます。

お客様は「予防給付」の対象者です!<br />お住まいの地域の地域包括支援センターにまず、ご相談ください。

サービス利用等について、お気軽にご相談ください。

地域包括支援センター一覧

資料請求・お問い合わせはこちら  福祉情報・相談センター

0120-102-294 月曜日~金曜日9:00~17:00(祝日・祭日は除く)お問い合わせフォーム

資料請求はこちら